machi no culture cafe

まちのカルチャーカフェ

まちのカルチャーカフェ

「世界の子育てから文化を考えるーアフリカとアジアに焦点をあてて③」
13
子育ては一つの文化です。世界の子育て事情を知ることで、私たちはそれぞれの国の文化をより深く知ることができます。そして同時に、いろいろな子育てを知ることで、多様な視点をもって子どもの成長を育む環境づくりを考えることができるようにもなります。
東京学芸大学には様々な国から来た人、様々な国とのつながりをもつ人がいます。今回のシリーズでは、アフリカ・アジアとかかわりをもつ人たちに、それぞれの国の子育てを語ってもらうとともに、それを通して日本の子育てと文化を考えます。
そうした人たちと交流し、いろいろな話を聞いたり、直接話したりしてみませんか?それによって、私たちの生活をもっと豊かにしませんか?
 
◆話す人 椎野 若菜
(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 准教授・社会人類学)
東京都立大学社会科学研究科満期退学。博士(社会人類学)
東アフリカ(ケニア・ウガンダ)をフィールドとし、家族・親族、ジェンダー/セクシュアリティ、居住空間等に関心をもちアフリカ、日本、そして世界の「シングル」の研究を行なっている。
また分野、アカデミズムをこえたフィールドワーカーをつなげる活動体、NPO法人FENICS代表。新しい環境で新しい人やものと出会う行為を広義の「フィールドワーク」ととらえ、人生を発見と冒険にする人をふやしたいと思っている。ウガンダ人との夫との間に4歳の男の子をもつ。

◆話す人 中野 圭祐
(東京学芸大学附属幼稚園小金井園舎教諭)
東京学芸大学教育学部幼稚園教員養成課程を経て、東京学芸大学大学院教育学研究課修了。
休日には山梨県北杜市にある農地を利用して、保育者や学生など未来を担う子どもにかかわる人たちを集めたワークショップなどを行う「ぐうたら村」の活動のメンバーとして、貨幣経済に頼らない持続可能な生活の実践について楽しみながら考えている。
東京学芸大学附属幼稚園教諭では、研究主任として、子どものありのままを受け止めながら、環境を通した教育としての、遊びを中心とした保育を目指している。東京学芸大学非常勤講師、その他、他大学での講師、幼稚園、保育園での園内研究会講師なども勤めている。