codo college

codo college

codo college

自分の子をよく育てるために、周りの子から、地域から育てようという意識が生まれました

1.現在はどんな活動をされているのですか?

市民活動「のびのび子育て」というママサークルを運営しています。ママたちがやりたいことをみんなでやる、サポートするサークルをしていて、子連れで参加できます。子どもたちのためというよりかはママたちが楽しむためにやっているサークルになっています。

それはどういったきっかけで立ち上げられたのですか?
今、小金井子育て・子育ち支援ネットワーク協議会(以下、「協議会」)のサイト編集長もしているのですが、ここが昔やっていたママ向けの講座がありまして、その中で「自分たちが欲しいものや困っていること、やりたいこと」をみんなで話し合う機会があり、「自分が今まで、欲しいと思っていることって、他のママさんも同じことを思っていて、案外みんな同じ方向を向いているんだ」ということに気が付いて。その場で必要なことを簡単に話合って、サークルをみんなで立ち上げることになりました。
「ママさんがやりたいこと」を大事にしたいという想いはどこから生まれたものだったのでしょうか?
子育て期間中って、どうしても自分のことは横に置いて子どものことを考えないといけないんですね。それも必要なことですけれど、あまりにも長い時間だと疲れてきてしまう。ママも息抜きが欲しいし、新しい友達、社会とのつながりが欲しくなってしまうんですね。だからこそ、ママ友(仲間)になれそうな人と会えた時に「もっと自分たちのために動きたい」っていう気持ちが強くなっていったんですよね。私だけじゃなくて、他の人たちもみんなそう思っているのがその場で共有できたので、「じゃあ動くしかないよね!」と意気投合した感じですね。
 

協議会のメンバーとしては、小金井子育て・子育ち支援サイト「のびのびーの!」を運営しています。小金井市はいろんなことをやっているけれど、情報が市民掲示板、市報、インターネットやSNS、幼稚園や学校などのチラシなどなど情報が点在していて。ママたちはいろんな情報を知ってその中で取捨選択したいのだけれど、その情報が1ヶ所にまとまっているところが無いのがストレスでした。なので、それをサイトとして立ち上げたのが「のびのびーの!」です。イベントカレンダーや育児情報、口コミなど、ママ目線で欲しい情報をたくさん盛り込んでいます。最近、姉妹サイトの小金井子どもの居場所サイト「えにえに」もオープンしました。
 ✤のびのびーの!サイト>>コチラ
 ✤えにえにサイト>>コチラ

 
他には、小金井市の子育て会議で学芸大の先生とも協力して市に直接声を届ける活動をしています。子ども会を含めると全部で6個くらい活動をしていますね。

2.認証講座はどうでしたか?

小金井市は市の事業の1つにこの講座が組み込まれているのがありがたくて、三市連携というのも素晴らしい。近隣の市民の方と一緒になって勉強できる場というのがとても魅力的でした。
参加したきっかけは、まずは「自分の子どものため」という想いからでした。基礎知識が欲しいと思った時に、本や公民館の取り組みやWeb上の講座等、数多の選択肢があると思うのですが、学芸大の名前と三市が連携しているという点に信頼感を感じ受講しました。
実際参加してみてよかったことは、私たちは大学を卒業して何年もたちますが、その当時教わったことと、実際に子育てをしている最中に教わることとでは、後者の方が経験と相まってさらに深い学びになるということを実感した場になったことです。大学の構内※で大学の先生から教えてもらえるということはすごく贅沢な体験だと思います。講座に参加すると、今まで気づかなかったところに気づけるようになるんですよね。
※コロナ禍につき令和2年度は大学構外での実施
講義の内容はどうでしたか?
ハズレがなくて、テーマについて、少し違ったなと思うことがあっても、話題の中に別のおみやげ(気づき)をくれるんですよ。だから結果的にプラスなんですよね。同じ講義を受けてても人によって響くポイントは変わるとは思うのだけれど、そういったブレが少なく質の良い学びだったと思います。
三市の方々との交流ってありましたか?
ワークショップの最中や講義の前後にほんの少しですが交流がありました。一番良かったのは、普段、小金井市の中で子育て支援に興味がある人というとある程度固まってしまっていて、大体いつもの顔ぶれになるのですが、講座には他の市の見慣れない人たちが参加している。「何かやりたい」「学んでいきたい」「子どもに対して真剣に向き合いたい」と思っている仲間がこんなにいるんだ、という心強さをもらえるのがかなり大きかったです。自分もその中の1人なんだという安心感があり、そこからエネルギーが生まれました。
学んだことが役立ったなと思う瞬間はありましたか?
今までは「ママがやりたいこと」を中心にママ目線の活動をしていたのですが、新しく支援者目線が入りました。自分の子どもを育てるのに精いっぱいで、母としての立場しか考えてなく1対1だったんですけど、支援者としての「子ども全体を俯瞰してみる」目線を私も持っていいんだ、持つことでプラスになることがあるんだ、ということに気づけて。そこから、自分の子をよく育てるために、周りの子から、地域から育てようという意識が生まれました。
特に支援が必要な子やいわゆる困っている子との関わり方は考えるようになりました。支援者としての目線を持つと、いったん冷静に捉えることができるようになって、自分の子にも他の子にも寛容になれることが大きかったです。

3.これから受講する人へのメッセージ

きっかけは何でもいいと思っていて、私のように、まずは自分の子どものことだけを考えて受講しても全然良いと思います。結果は後からついてくるし、学んだことをどう活かすかもその人次第なので。
でも、せっかく学ぶのであれば入口は大事だと思います。子育てに精一杯になっている時こそ、いったん支援者の目線に立つ時間を作ること、質の良い先生からの話を聞くことによって、幅が広がったり、親としての考え方が別の角度から見れたり、学ぶことで自信に繋がったりということは自分にとってプラスになると思うので、まずは第一歩を踏み出してみてはいかかでしょうか?きっとその一歩の先にはたくさんの気づきが待っていると思います。