machi no culture cafe

まちのカルチャーカフェ

まちのカルチャーカフェとは

 街には多様な人が住んでいます。そこに住んでいる人の生活習慣や好みによって街の文化が形成されます。一方で大学には、様々な知識が蓄積されていて、学びの場があり、文化につながる要素があります。
 そんな街と大学がつながるとどんな化学反応がおこるのでしょうか?東京都の郊外にある「小金井市」。小金井市には、約11万人が住み、約1万5000人が働きに来て、約1万3000人が学びに来ています。多摩エリアに範囲を広げれば、約420万人が暮らす地域です。
 そして、小金井市にある「東京学芸大学」は、1964年にキャンパスを小金井市に統合し、教育学部を中心に、小中高の教員をはじめ、多くの人材を輩出してきました。5000人以上の学生と、500人を越える教職員が在籍しています。「まちのカルチャーカフェ」は、まちと大学をつなげる試みです。まちの人と大学の人がひとつのテーマで話をすることで、新しい発見や次の動きを誘発することを期待しています。一方的ではなく、お茶を飲みながら、時にはお酒を飲みながら、気楽な気持ちで興味のおもむくままに、会話を重ねることで、思いもしなかった街の文化が生まれることを期待しています。
 2016年の「まちのカルチャーカフェ」は、6月から毎月1回、テーマを決めて、まちの人と大学の人が、聞く人と話す人の役割を担いながら、教育、人文、社会、自然、芸術、スポーツなど様々なジャンルの中から興味のあるテーマを選び、自分たちの暮らしとの関わりを大事にしながら、参加者といっしょに話をしていきます。会場は、2015年春に東京学芸大学附属図書館の入口にできた「ノートカフェ」。大学と地域の垣根を越え、多様な人と情報が行き交う、創造的な学びと気付きの場です。